芸能界NOW苦手な経済の話
ミャンマー・アカデミー賞の裏側 (2) 2006/01/24


ズィンヨーマウンマウン監督

(ズィンヨーマウンマウン監督インタビュー)

本来(2)には、アカデミー賞がどうのよう選出されるのか?を焦点に当てて鋭く書こうと思っていた。しかし、実際の所はよく分からないし、政治も絡んでくるので、今回のアカデミー賞 監督賞 作品賞(プロデューサー賞)ダブル受賞のズィンヨーマウンマウン監督(長いので以下監督と記す)のインタビューに切り替えた。

監督と会うのは、初めてではない。監督自身は多くの人にあっているだろうから多分覚えていないだろうが、初めて監督を見たのは、ヤンゴン外国語大学時代の日本人の友人と3名で、「Mr.Guitar」で食事を取っていた6,7年前である。目のいい友人が「あれ、ドゥエーじゃないかな?」と小声で囁いた、当時から今もトップスターの男優である。「あんなチビじゃないだろう?」と私。しかし、何人か女の子が、サインをもらいに行っている。ミーハーの友人と私も、サインをもらいに行った。その時にドゥエーと一緒にいた大男がズィンヨーマウンマウン監督その人であった。

それから友人が聞いてきた情報では、監督が撮ったテレビのCMには、画面に彼の名前が入るそうである。ミャンマーでは、特別待遇の監督と聞いた。その後、トレーダーズホテルの「竪琴」という日本レストランで、テレビ用のドラマの撮影に日本人が必要というので、エキストラとして参加した時、大きな体で精力的に仕事を進めている監督がいた。その後も、とても目立つ(身長188cm)人なので,いろんな所で会ったが、今回のように自宅兼オフィスにうかがって正式にインタビューするのは初めてである。

インタビューに伺った1月20日(2006年)は、次の日にその部屋で、「アカデミー受賞感謝のパーティ」を開催するというので、スタッフ総出で準備している最中である。私がインタビュー始めても、ジャーナルの記者や「Fashion Image」という若い女の子に人気の月刊誌の記者がインタビューを待っていたり、大変な騒ぎの中インタビューは始まった。

木村  
ズィンヨーマウンマウン監督

ミンガラバー 木村です。アカデミー賞おめでとうございます。
   (ここで名刺の交換をした)


いやぁ ありがとう。

まずは監督の出身地からお伺いしたいのですが?

親父がマンダレー、お袋がバゴー、俺はスーレーパゴダの直ぐ横で生まれたんだ。ヤンゴンっ子だよ。

年齢は? 

えっ!!年なんか聞くの?参ったな、、ミャンマーのインタビューで聞かれたことなかったからな。49歳になるよ。

いつから映画の仕事を始めたんですか?

1984年から勉強始めて、1987年に初めて「曜日を選ばないで!」というビデオ映画を撮ったんだ。2本目の「マウン」が信じられないくらいヒットしたんだ。ものすごい成功だった。これで主演のヤンアウン、メイタンヌも有名になったのさ。

 1992年に1作目の劇場用映画を撮って、94年に撮った映画で96年にアカデミー賞11本中7部門の賞を取ったんだ。ビデオも映画も2作目がヒットしたのさ。(その時の映画の題名を聞き忘れた。)

アカデミー賞の選考委員会のメンバーとは?

とにかくたくさんいるんだ。芸術大学、文化・芸術局、映画検閲局、健康衛生局と有識者とか大学の教授、政府のお役人さんも勿論いるし、大勢の人で決めるんだ。

今回アカデミーを獲得した「MYSTERY OF SNOW」は何処で撮影されたのですか?
 
カチン州のミッチナーから更に飛行機でプタオまで飛んで、7日間歩いて撮影現場に到着。それからはすごい撮影だったよ。(翌日のパーティで、メーキングのビデオを会場で見たが、大変な撮影だったようだ)

ルイモウ(アカデミー主演3回受賞)ルーミン(1回)ソーミャナンダー(助演女優賞2回)ニョーウィン(7回受賞)などの俳優も全員歩いたんですか?

主演級の男優はスタッフと一緒に皆歩いたね。車なんて通れる道も無いし、おっと、女優さんはヤンゴンで撮影だったけど、、、。

エンドラジョーズィンの主演女優賞以外は、「MYSTERY OF SNOW」が独占したようなアカデミー賞でしたが、エンドラジョーズィンやソーミャナンダーに続く若手女優がいないような気がしますが、監督は誰が次代のスター女優でしょうか?

テンモンミンだな

えっ!!テモンミンは、声が小さく何しゃべっているか分からないという欠点がありますが? 

映画撮ってる内によくなってくる。彼女だね

パーパーウィンキンはどうですか?(と思わず木村が好きな女優さんの名前を出す)
 
よくないね。(の一言でした)

監督から見て、最も好きで最もすばらしい女優と男優を教えてください。

メイタンヌと、男優はジョーへインだな。
(メイタンヌは長年映画を一緒に作ってきた 離婚した元妻。この答えに何かそう答えるだろうという予感はあったが感動した。ジョーヘインはアカデミー主演賞5回 60歳近いがミャンマー映画界のボスと言われている)

これまでに監督された映画の数を教えてください。

ビデオ17本 劇場用映画 8本 プロデュース 11本

弟さんが日本にいると聞きましたが?

ウン、東京にいるよ。

どうも、忙しい中ありがとうございました。

明日は、朝の8時から10時までだから、パーティに来てくれ。

必ず来ます。それでは失礼します。

次の日、9時過ぎにパーティにお邪魔した。有名な女優や男優が来るかもしれないという期待があったが、ごく親しい方や親戚友人家族などのようだ。壁際に今まで受賞した4本のアカデミー賞のトロフィーが飾ってあった。前日のインタビューは、バミューダパンツ姿で、スタッフに「おーいクッション持ってこーい」と大声で言われていた。腰痛で椅子に長時間座れないそうなのだ。木村も同病なのでその辛さはよく分かる。

パーティ当日は黄色のTシャツとズボン姿。気さくな人柄でいろんな人と陽気に語らい、写真に納まり。メイタンヌとの間に出来た息子さんも遊びに来ていた。これからもどんどんいい映画を撮ってもらいたい監督である。
                         1月23日 2006年 木村健一

ヤンゴンライフ Yangon Life
ミャンマーブロク Myanmar Blog
ミャンマーに暮らしてmyanmar
ミャンマーで考えたこと
ミャンマー大好き
行ってきました,ミャンマーあちこち
Goin my 留学
木村健一の留学体験
麻生あかりのヤンゴン日記
ミャンマーで活躍中
活躍中の日本人
ミャンマーあれもこれも
芸能界NOW
苦手な経済の話
サイト紹介
リンク ミャンマー
掲示板 <BBS>
ヤンゴンライフ Yangon Life TOP 

 


-- WEB作成:CIS & Goto Osami --